Author Archives: owner

ブラックペアン

夫婦問題コンサルタントの森部です

C4012E85-4D51-46DD-A7C8-4015FDD83E53

朝おきると妊娠37週目の妻が

「お腹がいたい!」と言う

昨日の夜遅くにみたらし団子を食べたからだろう

 

昨夜は早めに出産の準備をしておこうと

入院の用意をした後、妻だけむしゃむしゃ食べていたのだ

 

朝5時に起きると僕は勉強をする

しかし、妻は「お腹がいたい!」としきりに言うので

勉強は中断、産婦人科に電話して向かうこととなった

 

うーん、今日は学校の講義の日だったのになぁ

休まないといけないなぁ

 

普通の人ならここで何もかも優先が出産!

となるのだが

多分、私はおかしいのだ

 

心のどこかで「勉強したい」という気持ちがあり

午前中で子供が生まれたら学校に行こうかなぁ

とか、立会いの分娩台の横にいても

妻に「どうせ時間かかるから分娩台の横の机て勉強していいかな?」と承諾を得ようとする

こんな性格が災いして

私は相手を不快にさせたり信用を失うことがある

 

自分がすべき事と優先をつけると

緊急性の高い重要な事項でも軽視することがある

 

しかもそんな時に限って状況が悪いのだ

今日の夕方から私が東京出張!

1歳の長男はどうする?

妻には実家がないので応援頼めない

私の両親はうちで寝たきりの父を母が介護しているので来てもらうのも難しい

 

まぁまず私の母親に電話してみると

「今日の午前中からお父さん入院するから私手があくんだわ!」

それならと父親の入院先まで長男を連れて行こうとするが

 

相当痛がっている妻を分娩室に置いて行くことが

正しいことなのか?どうなのか?私にはあまり分別がつかない

妻の出産を待ち、長男を母親に預け、少し遅れるが東京出張へ向かうのが普通の人の行動なのか?

少し迷っていると、分娩室にまるでブラックペアンの二宮のような感じでひとりの助産師さんが入ってきた!

どっかでみたような顔だな?この助産師さん?

すると、妻が「あーっ!とその助産師さんを指指した!」

その助産師さんは、妻の友達だったのだ

市立の大学病院に勤めてた彼女は

6月から妻の産婦人科に移動していたのだ

妻の安心した顔を確認して分娩室を出た

 

結局、あらゆる問題は解決され

あとは昼頃に生まれるだろう第二子の立会いをするだけだ!と母親に長男を預けた後、病院に向かうと

妻から冷蔵庫に入れたマンゴーを持ってこいとのメッセージが入る

 

しょうがないマンゴーを取りに自宅へ戻る

もうそろそろ産婦人科に着く頃、また妻からメッセージがはいる

「麦茶を買ってこい!」

まだ生まれるには時間があるのかな?

コンビニで麦茶を買って病院の分娩室に戻ると

分娩台で世間話している妻と助産師がいた

 

「あとどのくらいで生まれるのかな?ビデオカメラも持ってきたから撮影するぞぉ!」と聞くと

ちょうど5分くらい前に生まれたよ!となりの部屋にいるか見てきてみーと

子供の生まれるタイミングを外した

 

まぁ結局は、私がどう頑張ろうと、どんなに出産を軽視しようとも、結果は変わらない

やれるだけのことはやり、あとは流れに任せるしかないのだ

だけども人は色々な人のおかげで自分が成り立っているのを忘れてはいけない

 

お父さんは東京出張があるので

あとは任せた!

 

問題の意味が分かりません

夫婦問題コンサルタントの森部です

A39F56ED-3428-4A62-AEC9-29FA85015A4B

 

毎日、遅くまでネットゲームをやっている妻

そんな妻に旦那は怒りを覚え怒った!

その日から妻は帰ってこなくなった

 

まぁ妻はゲームがやりたかったんだろう

そんな愚痴愚痴旦那に言われたら

家出て行きたくなるわなぁ

 

A調査員は言う

「でも毎日遅くまでゲームばっかりやられてたら

腹も立ってひとこといいたくもなりますよね~」

 

間違いない!そうですね

まぁでも、ゲームやりたいならしょうがないね

他に楽しい事あったり、打ち込めるものがあれば いいいが

ゲームやりたいならゲームがんばって!って思うけど

一緒に生活してたらそうはいかないよね

 

どちらにしても旦那の言い分から推測すると

この奥さんは浮気相手がいるから家を出たわけではなく

ゲームがやりたいからうるさい旦那のいない一人暮らしを選んだんだろう

 

と、A調査員と探偵はふたりで張込んでいたそうだ

 

すると、対象者の奥さんが別居先のアパートから出てきた!

「おっ買い物か?コンビニでポテチとビールでも買って、今日は夜明け方までゲームでもやるんだろうなぁ」

しかし、奥さんの後ろには

よれた中年男性と幼児がくっ付いてでてきた!

幼児はその中年男性の子供のようだ

どんな経緯か分からないが

奥さんは子持ちの男性と不倫していたのだ

 

どうみてもクライアントの旦那さんの方が

おしゃれでカッコいい

それに比べてるとこの中年男性…

 

どう見ても仕事できるようにも

お金持っているようにも見えない

ランチも奥さんがお金出してたし…

 

あらゆる勉強に関わる能力で、最も重要な力は「読解力」だと言う

物事の論点が何かのか?を知り解く力だ

 

結婚生活や仕事や人とのコミニケーションなど

人生の反復継続していく自己勉強の中で

クライアントの旦那さんは目の前に起こっている

「問題の意味が分からなかった」のだろう

 

一番の問題は

「問題の意味が分かっていない事」を分かっていない

ことだろう

 

 

努力はあなたを裏切る

夫婦問題コンサルタントの森部です

E027AF5E-291D-4E14-8F7D-AAE79D89BDDE

 

火曜は資格取得の学校へ行く

その前にスタバに寄って

「アイスコーヒーのいちばん大っきいヤツください」と頼む

 

ふと周りを見渡すと

社会人の方達が出勤前に勉強しているのだ

ひとりふたりではなく9割方勉強している

 

私は会社から時間をもらい

事業の一環として資格取得を目指している

なので時間もお金も掛けているから

ある意味責任とモチベーションが持続する

 

しかしこのスタバで勉強している人達は

若い頃からこういったスタンスなんだろう

 

努力したから試験に合格したり

成功できるわけではない

 

結局は「わたしは努力した!」とは

主観的で根拠など無いのだ

「俺は努力している!」と言っている人ほど

卑屈感があり自分に酔いしている

 

大切なのは「積み重ねる」事だと思う

 

私は努力して夫の浮気を我慢した

俺は努力して妻と修復しようと頑張った

 

よくこのフレーズ聞きます

しかし大切なのは努力する事ではなく

積み重ねる事です

 

何年も積み重なって壊れた夫婦の歪みが

そんな2、3ヶ月の努力で修復できたら

世界はいつでも平和だろう

 

決めた事を「積み重ね」 PD

失敗を改善し  C

また「積み重ね」ていく A

 

だって努力はあなたを裏切るものだから!

あんなに努力したのになんでうまくいかないんだろう?

そこでやめるからだよ 笑

 

 

「違い」と「間違い」の違い

夫婦問題コンサルタントの森部です

52CBC5E3-413D-4EFE-A39F-860DABA02A89

スペシャルオリンピック愛知が今年開催されるが

ユニファイドリレー・トーチラン(聖火リレー)のボランティアをライオンズクラブを通りて参加した

知的障がいの子供達が聖火を持って白川公園をリレーするのを警備しながら一緒に走るのだ

 

ライオンズクラブに所属している方達と話をすると

意識の違いを痛感する

そもそもの物事に対する考え方が違うのだ

 

その考え方の本質にあるものが

ライオンズクラブの中心にあり

その本質を追求していくことで

世の中を良くし、自身を成長させれると

単純に理解しているからだろう

 

それを知らずに、まず自分の事が中心の拝金主義のような人から見れば

人のために奉仕する事は「間違い」なんだろう

だか、それは「間違い」ではなく、両者の「違い」

であって、意見が合わなければ一緒にビジネスをやらなければいいのだ

 

しかし、夫婦は違う

その白川公園のトーチランが終わり、私は東浦町労務福祉会館で行われた

日本結婚教育協会 愛知支部支部長 今枝朱美さんが講師を務める

「楽しい結婚のコツ 教えます!」セミナーに参加した

そこで「違い」と「間違い」は違う

というディスカッションがあり

夫婦が互いに成長してきた家庭環境や生活習慣が違うのは当たり前の事だ

その違いがあるのに、自分が方があっていると思いこみ

相手を「間違い」だと決めつけるから上手くいかない というお話がでた

 

そしてその「違い」と「間違い」の具体例は

森部さんの生活の中で何かありますか?と聞かれた

 

僕の奥さんは料理作りは大好きだが、洗い物は手が荒れるという理由で、僕が洗い物をやります

奥さんはまな板と包丁を使い終わるとそのままシンクの中に入れっぱなしにして、その上にまた食器や箸やらがのってきます

僕の家庭はまな板と包丁はその都度洗って所定の位置に置く習慣だったので、気になり、「シンクには入れずにそのままに使ったままたしておいて」と頼みます

しかし、2、3度はそのままにしてありますが、またちょっとすると包丁とまな板はシンクの中に入っており

手を切るといけないので、毎回、包丁を探してから洗い物を始めます

すると、洗い物もやっている最中に、奥さんがやって来て

「あなたの洗い方が汚い!スポンジはそこへは置くな!」

と注文をつけてきます、洗っているのは僕なのでスポンジは僕の置きたいところへ置いてもいいと思うが…

 

セミナーに参加していた方達に私は問いかけました

妻の言動は「間違っている」と思いませんか?

大半の方達が頷く

 

でも、私はその「間違い」でも「違い」と見ることで

「はい!綺麗に洗います!」と答えるんです

 

すると奥さんは機嫌よく夕ご飯を作り始めます

「間違い」を繰り返し「違い」のわかる男になりました

 

 

のど元過ぎても忘れれない

夫婦問題コンサルタントの森部です

61D52B2E-F30C-4606-99CB-B99F1A787139

妻の浮気が発覚しました

妻からは離婚はしたくないと言われ

私も関係を修復したいと思っているのですが

許せない気持ちもあり

どうやって皆さんは修復できたのか?

教えてほしいです

と男性からの電話相談があった

 

あなたが修復したいのは何故ですか?

離婚すると子供がかわいそうだからですか?

離婚すると養育費や生活費が増えるので離婚がしたくない?

仕事や体裁上、離婚するとデメリットがあるからですか?

 

もしくは本当に助け合う家族になりたいからですか?

 

相談者は

助け合う家族に戻りたいからだと答えた

 

奥さんが離婚したくない理由はどうだと思いますか?

妻も仮面夫婦を続ける為の離婚回避は望んでいないと思います

でも、一度裏切られたのでどうやって信じればよいのか分からないんです

やはり心の底では恨んでしまうような…

 

そうですね、よく分かります

あなたが本当に助け合う家族になりたいんですよね

 

奥さんが浮気して離婚になったと仮定しましょう

そうなると、あなたは一度、その家族を失くしたことになります

助け合う家族を失くしたということは

40歳半ばから、あなたは1人になり

かわいい盛りの子供とも会えず

会社から戻ればシーンとした部屋で1人で食事をする

文句は言う家族もいないので晩酌しながらソファで寂しく寝る

朝、疲れた身体で会社に出勤する

そんな真逆の生活になるはずだったんです

 

それがあなたの前にもう一度チャンスが戻ってきた

こんな良い事はありませんよ

奥さんも「本当に助け合う家族」になりたいと思っているなら、恨んでいたり信頼していない相手を受け入れる事はできないと思いますよ

結果、相談者のあなたはずっと「本当に助け合う家族」を手に入れることはできないんです

だからフラれた彼女にもう一度付き合えるチャンスがきたごとく、奥さんを大切にしてあげることが必要じゃないんですかね?

 

相談者の男性は

なるほどその通りかもしれません

やってみますと

声に貼りが出てきた

 

相談者の男性は

ひとつ質問なんですけどいいでしょうか?

今まで家族と向き合う時間が無かったので

もっと時間を作れる仕事に転職しようと思うのですが

それはどうでしょう?良いと思いますか?

 

「その相談を奥さんにしてみてください

転職して時間が増えるか?給料が減るのか?

も大切ですが

その前にベースとして大切なものは

助け合う家族として向き合う時間ですよ」

 

 

聞き耳ずきん

夫婦問題コンサルタントの森部です

A2A2D5E4-188F-455A-9EFB-610059DA6B70

 

小学校の頃、学芸会で「聞き耳ずきん」という題名の劇で主人公のおじいさんの役をやったことがある

でも、当日、役に必要な道具のヒシャクがどこかに消えてしまい

先生に見当たらないと伝えたら

先生は「俺の劇をどうしてくれるんだ!お前なんてもう出なくていい!」と言われた事がある

子供ながらにこの先生はおかしいと感じた事がある

 

 

「聞き耳頭巾」とは、貧乏な村のお爺さんが

何かを助けたお礼にもらった頭巾を被ると

動物の言葉が分かるようになり、その能力から色々な村の問題を解決できるようになり富を得る

というパッピーエンドな物語だ

 

その中で、動物達は「人間はバカだ!なんであんな簡単な事が分からないんだろう」と

動物どうし話合ったり、人間に忠告している

だけど当の人間はその言葉は分からず、解決方法がなく、どうしてよいものか悩んでいる

 

私に掛かってくる電話相談の中で

「友人からこのようにアドバイスされたんですけど

そんな事できるわけないと思って

何かよいアドバイスがないのか?相談の電話をしました」

と相談されるが、だいたいその友人のアドバイスは合っている

ただ相談者は「聞く耳」を持っていないのだ

相手を理解しようと思う意識がない以上

夫婦や人間関係のコミニケーションが上手くいくわけがない

 

専門家のアドバイスだと「聞く耳を」持つ方もいる

アドバイスを受けた第一声は

「結局、問題解決の根本って私次第って事何ですかー!?」と驚いた発言をされる

みんな相手が悪いと思っているから

「相手を変えるにはどうしたらよいのか?」

を求め続け

相手の中に問題を見つけようとする

相手が何を求めているのか「聞く耳」を持っていない

 

しかし「聞く耳」を持っている相談者は

次に自分がどうしたらよいのかアドバイスを聞いてくる

 

中には相談の途中なのにガチャ切りてきたり

キレてきて「私がおかしいとでも言うんですか!浮気したのは主人なんですよ!」と怒ってくる

「どいつもこいつも!私の人生をどうしてくれるだ!」と思っているのだろう

 

学芸会をどうしてくれんるだ

私の仕事をどうしてくれるだ

私の人生をどうしてくれるんだ

 

私は相談者によく聞く

「この電話は無料相談です、料金は頂いてません

無料なのでどんな事を聞いて頂いてもいいですよ

私に不満をぶちまけたいのが目的ですか?

それとも問題を解決したいから電話かけていますか?」

 

自分の要求をぶちまける前に、そっと周りのさえずりを聞いてみよう

相手が何を求めているのかを知る方が

自分の環境や人生がうまくいきます

 

 

あのこのことが好きだから!

夫婦問題コンサルタントの森部です

EE856CF3-1E99-4495-944B-3EEA0CD9EC28

私がパーソナリティを務める

ラジオ番組「探偵ナイトスピーク」

MID-FM 76.1 毎週月曜PM21時での相談

こんばんは、ラジオネーム「マンデーナイト」です。
3か月ほど前のことです。主人の行動が怪しかったので主人の車にGPSをつけました。ある夜、公園の駐車場に停まっていた主人の車を見つけ張り込んでいると、女の車で送ってもらった主人を見つけ、その場で女も含め修羅場となりました。次の日も悔しさや裏切られた気持ちから「離婚してやるー」と私は子供を連れ実家に帰りました。冷静になってきたので復縁をお願いすると、主人は「もう遅い、俺はあれからショックでふさぎ込んでいたところを、例の送ってもらった女性に慰められて好きになってしまった。家を出たのはお前だし、あの時点で夫婦関係は破たんしていた。だから今、俺が彼女と付き合っても不貞にはならないんだ!離婚してくれ!」と言われました。
私の気持ちとしては、離婚してもいいのですが、なんか納得いきません。その女もムカつきます。
なにか良い方法はありますか?

番組での弁護士の回答は

確認ですが、マンデーナイトさんは離婚してもいいんですね?
それだったら、夫と相手の女性に不貞の慰謝料を払わせて離婚すればそれで良いですよね?
夫の、「家を出た時点で夫婦関係は破綻、だから今彼女と付き合っても不貞にならない」という主張が気になっているのだと思いますが、この主張は通りません。
別居を始めた時点で直ちに夫婦関係が破綻したとは言えませんし、そもそも、その女性と別居前から不倫の関係にあったのですから、立派に不貞になりますよ。
こんな男の言う事を鵜呑みにしないように気を付けましょうね!
この手の相談は結構多い
旦那は不貞関係にあるのだが離婚するにあたって
慰謝料、財産分与、養育費など色々と面倒なことが多いので
色々と考慮して
「夫婦関係が破綻していた!」と魔法の言葉を使いたがる
現に、その浮気相手を口説く時にも
「妻が浮気をしてから夫婦関係がうまく行ってなく
て…  家庭内別居なんだ… 妻も離婚したいと言ってい
る」とか言ったのだろう 笑
また、ある旦那は
「会社の女の子の事が好きになってしまった!
   君と離婚したら彼女に告白するつもりだ!
    離婚して欲しい!お願いします!」
  や
「おれは実は政府の秘密組織の人間で
    危険なミッションに関わっており
    このままではお前も子供の命も危ない!
    一旦、離婚してくれ!」
と、中二のようなメルヘンな状態の旦那もいる
奥さんからしてみれば
そんな離婚してから付き合うとか律儀な性格なら
相手がオッケーかどうかもわからないのに離婚して
から告白するような博打うちなら
そんな政府のミッションを請け負うような頭脳明晰なら
今のあなたはもっと成功しているだろう
それが不倫ひとつもロクに片付けることができない
ただのボンクラなのである
でも、そんな男だからかわいいと思う女もいる

 

ワークライフバランス

夫婦問題コンサルタントの森部です

89BFD016-6EC7-4AC4-9DDD-81C708F4B7D3

 

私の奥さんは基本的に私に対して上からな感じだ

まぁバツ2の私と結婚を続けてるので感謝してる上に

あたまが上がらない

 

そんな奥さんはもうすぐ1歳になる長男タイト君の育児にストレスを抱えていた

「タイトさんがいなかったらもっと仕事ができるのに!」

 

毎日、仕事と育児に追われてカリカリ

もちろん私が家にいる時はカジ、イクジはオヤジの仕事なのだが

でもカリカリはおさまらない

 

奥さんは子供の将来の事とか

家計の事とかが心配で

貯金するお金を稼ぎたいのだ

とても大切な事だ

 

ふたりで話合った結果

0歳児保育園を利用してみようか?

と言うことになり区役所へ申請に行ってみた

 

なかなか保育園に入るのは難しいと聞いていたが

ふたりの就労状態はかなりランクが高く

入れるところもあるとの事で

希望の保育園を申請してきた

 

申請をしてした日に

ある東大生で医者の資格と弁護士資格を持つ

天才の青年の話を聞いた

将来の生涯年収を考慮すると

今バイトするより勉強した方が

時給2万円の価値と一緒なのに

なぜみんな勉強しないのか?

 

その話を聞きながら

やはり今は仕事より育児に向き合う方が

タイトさんの為にも、家族の将来の為にもなると

 

次の日から仕事はほどほどで

ベビーサインの講習に行ったり

家事育児を楽しそうにやっている

 

私に対する上からな態度は相変わらずだが

子供が子供でいれる短い人生の中で

今向き合える事を一生懸命向き合った方が

質も量も幸せになれると感じたのでしょう

 

ビジネスでも

目の前の売り上げの量ばかりにとらわれると

質があがらない限り量も増えず

たえず足りない量を追わなければならなくなる

質を上げる努力をすれば

量は後からついてくる

 

ハッピーエンド

夫婦問題コンサルタントの森部です

2C8BB235-DFE6-4335-B5F6-593505EB2619

旦那から離婚したいと言われた奥さん

旦那は離婚の理由はこれまでセックスレス

家事子育てのストレスなどでずっと奥さんは拒否してきたそうだ

 

そして旦那は好きな子ができたから

もう離婚してほしい

そしてその好きな子と改めて交際を申し込む!

と別居が始まってしまった

 

奥さんは後悔する

何故、旦那に応えなかったのか?

何故、いつも上からな態度で旦那と接してしまったのか?

それが今、自分の前からいなくなる

 

不安で色々な妄想が広がる

しかし夫は依頼者の前から去る話ばかり

離婚を前提に答えを出してくれと要求する

 

友人に相談すると

「その好きな人ともう付き合ってんだろ!

これから交際なんて嘘だよ!探偵に頼みな!」

と、私に相談に来たのだ

 

こういったケースはだいたいもう付き合っている

後は浮気女が勝つか?奥さんが勝つか?

物事の捉え方、進め方で結果が変わる

 

奥さんの意識が変わらず

今までの考え方、態度で対応すれば

浮気相手の女が勝つ可能性が高い

 

しかし、離婚カウンセラーや探偵等の男女問題の専門家は

こう言ったケースにどう対応するのか

その意識と行動をアドバイスするプロなのだ

 

旦那の心理行動を絞り込み

探偵は浮気の調査を行った

それにより依頼者は、浮気相手の女を攻撃することもでき

旦那とその浮気相手との結婚も阻止もでき

依頼者側の意志で離婚するかしないかを決定できる

状況を手に入れた

 

離婚カウンセラーは旦那さんが今の家族に向き合うように気持ちが動くようになるよう

奥さんに意識付けを行った

 

すると、浮気調査の途中で

旦那は女の家に来なくなり

 

旦那は依頼者へ復縁を求めてきたのだ

私達からしてみれば

目的が完成した瞬間であったが

 

旦那はセックスレスについて

依頼者がどう改善するのか?応えが欲しいと言われたが

自分を裏切って浮気した旦那が許せなくなりそうで不安です

どうしたらよいのでしょう?

と、また悩んでいるのだ

気持ちはわかるが…

 

その旦那がどうだ?とか

浮気したのに許せないとか

悩んでる事自体が幸せな事だよ

 

なんかムカついたり、物足りないとか

全然良くない状態でも

当たり前にあるものが当たり前に存在することが

幸せなことで

 

あなたは一度その当たり前を失いかけた

だから助けて欲しいと私達専門家に相談した

 

辛いこと、嫌なこと、逃げたいこと

から絶対に逃げて生きて行くことはできません

 

ならばそのマイナスな事も含めて

自分と一緒に居てくることが幸せなんだと

覚悟をきめれば、だいたいどんな事に対しても

乗り越えてこれるし

人生は超ハッピーなんです