Category Archives: シングルマザー離婚奮闘記!

ワラヲモスガル

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_3678

 

男性が泣いた声で

「藁をもすがる思いで電話しました…。どうしたらいいのか分かりません。前に相談したかもしれません、そうしたら初回無料の相談にはならないでしょうか?」と相談の電話が掛かってきた

 

前相談したかどうかは、相談内容聞かないと分からない

それに相談する前にお金の事とか気にしてるのは

ワラヲモスガってないような気がするが…

 

相談料の事は気にせず、話してもらうように伝える

 

彼には浮気ばかりを続ける妻がいて

分かっているうちでもこれで3回目の浮気発覚

証拠とともに問い詰めると

小学校高学年の子供2人を連れて家を出ていってしまった

不貞の裁判では彼が勝ったが、相手の男から慰謝料は少額

奥さんとは離婚せず彼は婚費を支払っている

 

彼は子供の監護権を取りたいと裁判を起こしたが

裁判では母親側に監護権がいってしまった

 

奥さんから離婚裁判が立てられそうで

養育費は払ってもらうが

子供とは二度と会わせないと言われた

 

「どうしたらいいのでしょうか?」

 

彼は、働かず生活保護をうけている妻をなじっている

浮気ばかりする妻を蔑んでいる

自分がそんな妻より子供を育てる事にふさわしくないんだと嘆いている

このトラブルのせいで会社での役職が降格になってしまったとを恨んでいる

子供と一生あわせないと妻が言ったことで絶望している

 

「子供の為に!子供は私といる方が幸せだ!」

「どうしたらいいんだ?子供と会えなくなる」

相談を聞いていて、とても辛いのはよく分かる

 

相談の彼に聞いてみた

「あなたは僕に、今の気持ちをぶつけて話を聞いてもらいたいのですか?

それとも僕が思うアドバイスをした方がいいですか?」

 

「あなたは子供の為ではなく

自分の為に子供を近くに置いときたいのではないですか?」

 

聞けば母親は子供も愛しているようだ

 

「子供と一生会えないことなんてないですよ」

養育費を払うなら子供と会う方法もあります

面会交流とかありますよ

 

彼は言う

「子供と面会交流を行うのに、そのサポートしてくれる団体に僕がなんでお費用を払わないといけないんですか?そんな形で子供とは会いたくありません!」

 

人間生きていれば

良い事もあれば悪い事もある

良い事は自分のおかげ

悪い事は人のせい

ではなく

 

悪い事が起きた時

今までの自分の生き方、あり方の現状分析をして

これは自分のいたらない点を変えるチャンスがきたと思った方がいい

 

目の前で起こる現象は

全てあなたが選択してきた結果

 

うまく行かないなら

奥さんを裁判で言う事きかせるのではなく

今ある自分でも感謝できるように

自分が変わらないと良くなりませんよ

 

と、言っても

明日すぐ人生や現状が変わるテクニックでもないため

今の彼が必要としていたアドバイスではなかったみたいだ

 

僕はワラニハナランカッタカ!

自分がドライ過ぎるのか?

もっと僕はカウンセリングを学ばないといけませんね

 

離婚のエッセイ18~弁護士の経験値

image

離婚問題で裁判になったとき一番大切なのは

弁護士選びです。

私の友人はそれで失敗してしまいました。

初めてのことで何も分からず弁護士に知り合いもいなくて

いろいろな事務所に行き自分の考えを聞いてもらいましたが

どこも同じような感じでしたので

沢山の弁護士がいる事務所なら大丈夫と思い決めました。

 

最初に面談した所長がとてもてきぱきとしてこれならお任せ出来ると思い契約したのですが

ふたをあけたら担当弁護士が違っていたのです。

 

でも最初の弁護士は中堅でこちらの話しも良くわかってくれてこれなら安心

と思ったのも束の間突然事務所を代わったしまったのです。

 

次に担当になった弁護士はまだあまり経験のない若い先生でした。

でも話し合いを重ねこちらの言い分をある程度理解してもらったところで

 

またまた今度は全くの新人弁護士に代わってしまったのです。

そしてその新人弁護士で裁判を戦うことになってしまったのです。

 

結果は明白ですよね。次はその様子をお話ししますね。

離婚のエッセイ17~ 子供への影響

image

離婚は当人同士だけではなく

子供まで巻き込んでしまいます。

 

知人の子供は低学年で幼く

何が起きたかも分からないうちに父親は家をでてしまい

母親は生活のためにパートにいき

一人家に残されてしまったのです。

 

勿論おばあちゃんが来てお世話はしていましたが

子供の喪失感や不安を消すことは出来ませんでした。

 

子供は誰の目からもわかるほどげっそりと痩せ

笑わない子になってしまいました。

 

そしてとうとう心まで病み

心療内科へ通うまでになってしまったのです。

 

大人の犠牲になって悩み苦しんでいる子供が

沢山いることを思うと胸が痛いです。

 

 

離婚のエッセイ16~孫なんてかわいくない

 

 

image

 

私の友人は離婚話がでたとき

一度だけ相手の親と自分の親も交えて話し合いをしたそうです。

その時相手の母親

彼女にとっては姑に当たる人が言った言葉が酷いんです。

孫なんて可愛くもない。

離婚はしょうがないと言ったそうです。

本来なら離婚をやめさせようと間に入って努力するものですよね。

人としての情愛が全く感じられません。

こんな人間が増えたから子供の虐待とか

無抵抗の小さな子供を殺してしまう事件が

あとを絶たないんでしょうね。

離婚のエッセイ15~人間のクズ

 

image

 

離婚するにあたって話し合われる養育費って

子供の権利ですよね。

 

でもきちんと支払ってる人は余りいないようです。

私の友人の場合は一応支払ってくるらしいのですが

 

とても汚いやり方で嫌がらせをするのです。

 

たとえば連休とか年末など

裁判所とか弁護士さんがお休みで動けないときに

支払いを滞らせるそうです。

 

ほんとに人間のクズですよね。

 

自分の身勝手で子供を捨てたばかりか

その後までそんな嫌がらせをするなんて許せません。

離婚のエッセイ14~争い激化

image

調停離婚とは、裁判所にて繰り広げられます。

調停員さん(特別法律に詳しい人ばかりではありません)に対して

交互にそれぞれの事情説明をします。

 

ひたすらその繰り返しです。

 

そのうち、埒が明かないとなると

審判という作業に入ります。

 

審判になるといよいよ法律に詳しい判事さんの登場です。

 

私の場合は調停で離婚の決定はしておりません。

調停で決めたのは離婚するまで得ることが出来る

婚姻費用の決定でした。

 

もちろん、話し合いで決まるような相手ではありませんでしたので

判事がお互いの収入や支出のデータをもとに一覧表から妥当な金額を申し渡す。

 

ただそれだけでした。

 

調停で有利な条件が得られなければ裁判に突入となります。

 

 

お金かけずに穏便に済ませたい方は

ここまでで終結させるのが賢いと思います。

離婚のエッセイ13~弁護士探し

image

調停から裁判までは裁判申し立てをすぐした

またはされた場合、だいたいひと月くらいでしょうか。

 

 

その間に弁護士探しです。
意外と時間がありません。
知り合いでも居れば別ですが

なかなか弁護士なんて見つかりません
弁護士探しの私なりの見解は

とにかく、自分の話を聞いてくれる。

必ず味方でいてくれる。

文をおこすのが上手い。

そして、最初の相談で

調子いいこと言わない弁護士がベストですね。
私の知り合いは5人も弁護士変えました💦

離婚のエッセイ12~おじいちゃんとおばあちゃん

image

調停は

交互にお部屋に呼ばれて

おじちゃん、おばちゃんにお互いの思いや経緯を話します。

 

正直、意味ある?って感じ
でも、ここで

確たる証拠の一部を出し

上手く相手を説き伏せると勝ち!
でも、油断しないでください。
納得いかない相手は、次、裁判に持ちこみます
もちろん、こちらが納得いかなかったら

 

こちらから裁判起こせばよいのです
さあ、今までに集めた証拠を手に

 

敏腕弁護士探しです!

離婚のエッセイ11~調停離婚

image

調停離婚
調停となると、裁判所登場です。

でも、まだ裁判官はいません

 

以前も触れましたが、

調停委員は名誉職みたいなもので、

特に法律知らなくても、裁判所からお声がかかればなることが出来ます。
私の時は本当に酷い爺さんで

名前まで調べちゃいました。
ここで公表したいくらいです(笑)
法律知らないし、女作って出て行った旦那について

『男は大なり小なり浮気はするよ』だそうな…
バカ言わないでください!

こっちは旦那の身勝手で子供とともに路頭に迷うか否かの瀬戸際なのに。
裁判所に、一言言いたい。
法律家じゃなくても、

もっと倫理的に正常な人間を調停委員にしてください

離婚のエッセイ10~やっぱり離婚はしない方が良い

image

協議離婚について。
私は協議してないのでよくわかりませんσ(^_^;)
なぜなら、ある日突然旦那が消えたので…
協議を出来る方は私は羨ましいです。
まだ話し合えるのですから。
じっくり、話し合ってください
何故、離婚しなくてはいけないか。
子供の将来、貴方の未来。
話してるうちに、離婚しなくて済むことよくあります。
離婚はしなくて済むならしない方がいいです。

離婚した私が言うのも何ですが…
離婚はやっぱり虚しいものです。
ただ、離婚が決まったら

次に向かうしかありません!

未来を信じて前進あるのみ!