Category Archives: スタッフブログ

ハッピーエンド

夫婦問題コンサルタントの森部です

2C8BB235-DFE6-4335-B5F6-593505EB2619

旦那から離婚したいと言われた奥さん

旦那は離婚の理由はこれまでセックスレス

家事子育てのストレスなどでずっと奥さんは拒否してきたそうだ

 

そして旦那は好きな子ができたから

もう離婚してほしい

そしてその好きな子と改めて交際を申し込む!

と別居が始まってしまった

 

奥さんは後悔する

何故、旦那に応えなかったのか?

何故、いつも上からな態度で旦那と接してしまったのか?

それが今、自分の前からいなくなる

 

不安で色々な妄想が広がる

しかし夫は依頼者の前から去る話ばかり

離婚を前提に答えを出してくれと要求する

 

友人に相談すると

「その好きな人ともう付き合ってんだろ!

これから交際なんて嘘だよ!探偵に頼みな!」

と、私に相談に来たのだ

 

こういったケースはだいたいもう付き合っている

後は浮気女が勝つか?奥さんが勝つか?

物事の捉え方、進め方で結果が変わる

 

奥さんの意識が変わらず

今までの考え方、態度で対応すれば

浮気相手の女が勝つ可能性が高い

 

しかし、離婚カウンセラーや探偵等の男女問題の専門家は

こう言ったケースにどう対応するのか

その意識と行動をアドバイスするプロなのだ

 

旦那の心理行動を絞り込み

探偵は浮気の調査を行った

それにより依頼者は、浮気相手の女を攻撃することもでき

旦那とその浮気相手との結婚も阻止もでき

依頼者側の意志で離婚するかしないかを決定できる

状況を手に入れた

 

離婚カウンセラーは旦那さんが今の家族に向き合うように気持ちが動くようになるよう

奥さんに意識付けを行った

 

すると、浮気調査の途中で

旦那は女の家に来なくなり

 

旦那は依頼者へ復縁を求めてきたのだ

私達からしてみれば

目的が完成した瞬間であったが

 

旦那はセックスレスについて

依頼者がどう改善するのか?応えが欲しいと言われたが

自分を裏切って浮気した旦那が許せなくなりそうで不安です

どうしたらよいのでしょう?

と、また悩んでいるのだ

気持ちはわかるが…

 

その旦那がどうだ?とか

浮気したのに許せないとか

悩んでる事自体が幸せな事だよ

 

なんかムカついたり、物足りないとか

全然良くない状態でも

当たり前にあるものが当たり前に存在することが

幸せなことで

 

あなたは一度その当たり前を失いかけた

だから助けて欲しいと私達専門家に相談した

 

辛いこと、嫌なこと、逃げたいこと

から絶対に逃げて生きて行くことはできません

 

ならばそのマイナスな事も含めて

自分と一緒に居てくることが幸せなんだと

覚悟をきめれば、だいたいどんな事に対しても

乗り越えてこれるし

人生は超ハッピーなんです

 

 

 

 

ありがたい The ant be in Thailand

夫婦問題コンサルタントの森部です

A320C70A-5D6B-4E2E-B8AC-A8EE5D2351B9

 

4年前から国府宮のはだか祭に参加している

今年は暖かかったが毎年雨やみぞれで厳しいコンディションの中で開催していた

春のありがたみを実感する

 

はじめてはだか祭に参加したときの私は

2度目の離婚、事業存続のトラブル等を抱え

今まで有ったものが無くなっていた時期だった

 

自分に纏っていたものを脱ぎ

はだか祭りに参加したら

文字どおりはだか一貫

色々なものが吹っ切れた

 

 

無い状態になると

今まで有ったもののありがたみがよくわかる

 

掃除、洗濯、炊事をやってくれた家族のこと

口うるさく言ってくれた身近な人

打ち込むべき仕事や使命を持っていること

 

しかし、一度、無くなってしまったものは

そう簡単には戻ってこない

無くなってしまったことに悲しみにふけるだけでなく

まずは「無」の状態で自分がコントロールできるようになることが大切です

 

仕事もプライベートもそう

「無」の状態で結果を出せたり

自分を成長できる環境を整えることができるようになれば

「有」になった時、そのありがたみがよくわかり

その「有」を使って、よりよい結果を生み出すやり方が考えつく

 

例えば、お金が「無」い状態で営業をやって結果を残せる人は

資金が「有」ると、もっと営業で効果が出るやり方を考えることができる

「無」条件に誰にでも幸せを与えることができるようになる人は

パートナーや家族が「有」るとより幸せを増やすことができる

毎日、何も「無」い自分の部屋で腹筋、背筋を鍛えている人が

30万もかけてイケメン、美女トレーナーの「有」るライザップに行ったらどうなることやら

 

そのためには

今ある「有」のありがたみをしみじみと感じることだと思います

口うるさい上司が「有」ること

言うこときかない部下が「有」ること

大変な仕事が「有」ること

いつもうるさい奥さんが「有」ること

仕事ばっかりの旦那が「有」ること

わかってくれない親が「有」ること

 

「有」ということはとても難しい状態なのだ

だから「無」の状態でもどうにかやりきる

無い事を言い訳にせず

「有」を手に入れた時、とても感謝する

それが有り難いというものだ

The ant be in Thailand

 

利益相反

夫婦問題コンサルタントの森部です

C7C18056-AA8E-4E41-AF76-21ECE8509115

 

弁護士は離婚問題で夫側の代理人となりながら

妻側の代理人になることはできない

利益相反行為になるからだ

 

探偵も妻側から夫の不貞調査を依頼され

夫に妻から依頼された事を暴露してはならない

守秘義務があるからだ

 

よく知り合った男性から

「もしうちの妻から私の調査の依頼があったら教えてくださいね!」とかなりの確率で言われるが

その男性にはかわいそうだが言う訳がない

公平に考えても、私を頼ってきたクライアントの

利益に反する行為は私自身の存在価値を否定するのと同じ行為だからだ

 

数日前、友人の女性から相談したい事がある

と電話があり、昨日、会う事になった

私に相談したいと女性から連絡がある場合、ほとんどが旦那の浮気についてだ

電話では話の内容は聞かず、昨日、マリオットホテルのラウンジで会う事にした

 

彼女の電話があった次の日

彼女の旦那から私に電話があった

「森部さん、浮気バレちゃった

うちの奥さんが森部さんに相談するって言ってたけど

どうにかお願いします!」

彼もまた私の友人なのだ

 

彼女に会ってみると

離婚の意思が強く、もう絶対離婚!に寄っている

話を聞くと、まぁ旦那が悪いわなぁ

 

でも、なんで離婚したいか?と聞くと

こんな悲しい思いするぐらいなら一緒にいたくないと言う

悔しくてムカついて悲しいと言う

そんなに思ってもらえる旦那さんは幸せだ

 

だいたいの離婚問題の相談は

互いが違う方向を向いているか

一方が別の方向を向いている

 

今回も旦那は浮気は遊びのようで

詳しくは聞いてないが深く反省しているようた

 

彼女には

浮気は絶対に許さないけど

もう一度私を惚れ直してみろと言ってみたら?

そして彼自身にとって良いペナルティを与えみたら?

 

例えば

これを機にタバコをやめてみよう

夜、0時以降は酒を飲まない

朝、5時に起きて子供とサッカーの練習をする

とか

 

家族にとっても、夫婦にとっても、そして何よりも彼自身の健康と人間的成長につながる課題を課し

それを真摯に彼が実行し続けたら

 

きっとあなたも彼をもっと大切な存在になって

もっと惚れ直すんじゃないかな?

 

彼女はちょっと考えてもいなかった提案だったらしく

少し考えていたが

 

「森部さんが言うならなんかそうなんだと思えてきた」

と、私の子供へのプレゼントをくれ

マリオットをあとにした

 

一方的に彼女の感情のまま

加害相手を攻撃して利益を得ることはできるが

それは利益も感情も一時だけのことが多い

 

相手のことを思いやり

相手の成長を自分の成長の糧として

お互いに歳を取っていけば

2人でしかできないとても有益なことができます

 

私は片方の一時的な味方ではなく

ふたりの人生での味方ですから

 

 

 

 

 

Free Hills Jazz Orchestra

夫婦問題コンサルタントの森部です

186B1F91-C9EC-40A0-B2CD-9A5B0865E03F

私が所属するライオンズクラブで

小中学生のジャズバンドを招待して

クリスマス会を開催した

 

ゆっくり年を越すというのは

とても大切な事だと思います

 

ガチャガチャした気持ちを年を越せば

よく年が始まる頃には疲れている

そしてダラダラした一年が始まるのだ

 

そして、一年後の年末に問題が溜まり

またガチャガチャする

これぞトラブルの負のスパイラル

 

年末になると相談や探偵の依頼が多い

しかも2日後に調査して欲しいとか

12月中に調査を完了できないか?

など、こちらの気持ちまで急かされる

 

やはり自分が抱えている問題を来年に繰越したくないのだろう

しょうがない、人間は都合の良い生き物だから

だから帳尻合わせて楽しく生きていけることもできるし

他人様との権利義務でぶつかることもある

 

どうにか!どうにか!

調査を早めにやって頂けないでしょうか?

と、旦那さんの不倫に悩む奥さまからメッセージがきた

だが、その旦那さんの調査は昨日も今日も順調に進んでおり

不貞の証拠固めも着実にすすんでいる

 

物理的にこれ以上早くするには

未来にワープするぐらいしかないが

その奥さまは焦っている

 

完璧な報告書が作成できたので

連絡すると

「報告書はどのくらいの期限保管していただけますか?」

と、3ヶ月くらいは大丈夫だと伝えると

 

何年かは報告書を使わないようなニュアンスが返ってきた

なぜあんなに急かしていたのだろう?

不貞の証拠を撮ることで安心してしまったのか?

 

また、奥さんは報告書が無くなった時の事を心配しはじめ

製本した原本とコピー一冊、そしてパソコンデータ

そして探偵会社でバックアップを取っておいて欲しいという

それはお安い御用なのだが…

そんなに証拠があっても使わなければ…

 

証拠が勝手に一人歩きして

物事を解決してくれる

魔法の宝物ではない

 

自分の持っている権利をうまく使い

明るい未来を見据えて

目の前の問題と向き合わなければ

何も解決しない

 

 

けなし愛か?たすけ愛か?

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_0674

 

妻は夫の不審な行動を気にしている

夫と妻は共働き

毎月、夫は小遣いを15万使っているのだ

何に使っているのか?

女に使っているのか?

別の銀行口座に移動させているのか?

夫は女と結婚するために離婚を計画しているか?

 

浮気しているなら、いっそのこと証拠を撮り

いいタイミングでこちらから離婚してやる!

 

妻は探偵に調査を依頼した

探偵はそんな妻と面談して

妻の心の中にある、外部に対してでている攻撃性のようなものを感じた

根本的な問題は旦那に女がいることではないが

妻はどうしても女が誰なのか炙り出したいようだ

 

調査をしてみると

夫は仕事終わりも、休日出勤といって休みの日にでかけた日も

終日、パチンコ店でスロットをしていた

何度も交換所で現金に交換しては

再び、スロットをする

 

完全にギャンブル依存症だった

15万の使い道はこれだな

 

夫は、以前から、ギャンブルで多額の借金を抱えるのが発覚、妻の実家は資産があり、借金を返済した

妻の実家の土地に家を建て

夫はお金がないので、妻が費用のほとんどを頭金に入れた

しかも夫は同僚と浮気していた過去を持つ

 

夫は仕事もできない

役に立たない

借金つくるわ、おんなもつくる

強いて言えば、子供の面倒だけはみてくれる

ベビーシッターだと思ってます

 

浮気をする、ギャンブルをして借金をする

そんなことをする夫が悪い

きっと心も弱いんだろう

 

仕事ではうまく立ち回れず

家庭に帰れば役に立たない

妻からはうだつが上がらない奴だと思われる

 

そういった生きづらさから

一時的に解放される為に

他の女と浮気して人に依存する

ギャンブルをやって物に依存する

 

妻が激怒して

浮気をやめさせたり

スロットとやめさせても

 

依存の対象を排除しても

夫の生きづらさは増してしまうばかり

 

あとは妻が夫を切り捨てるのか?

夫、子供達の父親、家族だと思い

生きづらさを解消できるような「心」のたすけあいをするのか?

とても考えさせられる相談でした

 

 

そんなものはくれてやれ

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_0563

 

手離せない相談者が多い

浮気している旦那、借金している旦那、

そしてDVする旦那、モアハラする旦那

 

相談者は言う「証拠を撮りたいんです」

好きにお金もつかって、女と浮気して

証拠を撮って、認めさせたいんです!

 

それで何がしたいんですか?

 

もしも、旦那が別れると言ってきた時の為に

証拠は撮っておきたいんです!

 

私を捨てて、その女と幸せになるなんて許せない

その女にも制裁を加えたいんです

悔しいから復讐してやりたいんです

 

気持ちはよく分かります

 

でも、その復讐は執着であり

旦那に対する依存や憎愛の表れなんです

 

結局、別れる決心がつかない

 

証拠があっても人生が前にすすみません

また執着と依存の為にお金と時間を使ってしまう

 

私は離婚を肯定している訳でも

証拠を無駄な物だと言ってる訳でもありません

 

でも、クライアントが何かを捨てる覚悟がなければ

探偵が証拠を撮っても、弁護士が内容証明だしても

クライアントの人生は変わりません

 

家庭を顧みず

他の女にうつつを抜かしているなら

そんな男はさっさとその女にくれてやればいい!

 

その強い気持ちが

自分の人生をコントロールできるコツかと

私は思いますが、そう思えないから

相談するんですよね 涙

 

 

ゴキブリ不倫

夫婦問題コンサルタント

「毎週月曜21時 MID-FM76.1 探偵ナイトスピーク」

パーソナリティの森部です

IMG_0340

浮気の調査を受ける際、浮気相手の素性を知らないことが多い

名前と住所だけなら知ってます…

LINEから抜きとった写真だけならあります…

それがオーソドックスだ

 

「私の友達と旦那が付き合ってるんです」

しかも、その女友達とは家族ぐるみの付き合いらしい

 

依頼者の奥さんも気が気でない

友達家族でキャンプに行くにでも

ふたりの行動が気になる

 

ましてや2人がフリーの日などは

別々の行動をしていたとしても

2人ともの行動をチェックしなければ

気持ちがおさまらない

 

浮気相手が知らない相手なら

そんな気持ちにはならないだろう

 

相手の事を知ってる分

怒りや憎しみや嫉妬が増える

 

まだ10代、20代の若い頃ならまだしも

子供もいる40代になって

妻の友達と浮気して

奥さんにも気付かれながらも付き合ってるって

 

どんだけ狭い世の中で生きてんだ

仮に不倫するにしても家庭に知られんところでやれ

双方の奥さん、旦那さんの我慢が切れれば

早かれ遅かれ両方の家庭が壊れる

 

その代償は、ふたりが別れるとかで終わるレベルでない

別居、離婚、結婚費用、慰謝料、養育費、マンションの残ローン

子供と別々に暮らす… 子供から軽蔑される…

それだけのリスク抱えているのか分からんのかな?

 

そんだけの覚悟持ってるなら不倫すればいい

もしそんだけの覚悟持って仕事や人生に打ち込んだりしたら

色んな事が上手くいくとおもうんだけどねぇ

 

手近なところで色気つかわれて

ホイホイついてくような男にならないように

これこそ人生のゴキブリホイホイ!笑

 

 

 

出来損ないの男たち

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_3701

「男は女の出来損ない」

生物学的、人類学的な話で聞いたことがあるが

探偵学的にもそう思える事がよくある

 

男は依頼の内容が計算的、計画的でないことがある

逆に女の依頼者は計算的すぎて皮算用になっていたりもするが

気持ちも男の方が弱く、静かに感情的に動いてしまう

女性のキーッとなる感情的とは違う

なんかムッツリと感情的に動いてしまうのだ

 

 

自分が結婚しているのを内緒にして

付き合ってた女にお金を貸し

連絡が取れなくなったから探し出したい

くやしい気持ちはよく分かるが

その女が本当の事を知って、逆に家庭や会社に

「独身だと騙された!」と彼の周囲に現れたらどうするつもりなんだろう?

運良く自分の前から居なくなった事を

ラッキーだと思たほうがいいと助言した

 

また

「今、離婚話でもめていまして、昨日、嫁が中古の軽車両が欲しい!と言ってきまして、きっと浮気している男を自由に会うつもりなんだ!」

と浮気の調査を頼む男性依頼者

しかし、まだ浮気はしていなかった

離婚の原因は嫁の浮気ではなく

あなたと嫁の関係性ではないだろうか?

ならば調査を継続するのはやめて、そのお金で車を買ってあげた方がいいと提案した

 

 

結局、男は何故生物として生まれたのか?

それは女に喜んでもらえる事をする為に

女の為に生まれたのだ!と観念すれば

 

 

男は出来損ないだからしょうがないかぁ〜

出来損ないの男同士飲みに行くぞ〜!

となれば、人生も恋愛も仕事も楽になるかもしれませねぇ

 

最近は出来損ない依頼者とよく飲む事が多い…

 

 

自分を変える勇気

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_3701

 

ベトナムのハノイにいます

仲間の結婚相談所の男性会員がベトナム人の女性とお見合いをする

その男性のサポートするのが私の役割

 

私はバンコクから、彼は日本から

ハノイの空港で待ち合わせ

しかも彼と私は初対面なのだ

 

彼は海外に行った事もない

いきなりハノイにつれてこられ

彼はバイクに乗った事もない

お見合いしたベトナム女性のバイクで2ケツした

 

次の日は、お見合いした彼女の実家で

彼女の手料理を食べることとなった

 

なんでも初体験づくしだ

 

彼女の実家に到着して食事となったのだが

彼女の親戚も交じり大人が13人の宴となった

子供達が実家の大きな庭で楽しそうに遊んでいる

 

わからないベトナム語が飛び交うが

日本から遥々来たムコ候補をみんながもてなす

IMG_4145

 

私は見知らぬベトナム家族と

強烈な酒を酌み交わしながら

この家族が好きになって盛り上がる

 

ふと我に返り彼のサポートだったことを思い出す

彼女の手料理を食べながら

あまり表情の変わらない彼

 

酒もタバコもギャンブも女もやらない

真面目な44歳

 

稼業を継ぎながら

真面目に働き

無駄遣いもせずに生きてきた

 

とても素敵な人だ

 

自分が外国人と結婚することについて

彼の両親がどう思うのか?

周りの人がどう思うのか?

少し悩んでいるようだ

 

彼に伝えた

両親がいなくなってしまった後

今住んでる実家でひとり静かな部屋で

カップラーンすすりながらテレビ見てるより

 

言葉なんてあんまりわからないけど

いつも賑やかなこの人達の仲間に入って

中心でなくても、ふちっこにいても

こっちの方が楽しくないかい?

 

ベトナムで住むといった発想に少し驚いた様子だったが

それもありかな?って顔をしていた

 

上を見てもキリがない

下を見ても何も変わらない

今の自分のチャンスをしっかり自分の幸せと結びつけれるか?

 

日本を離れ

なんでも初めてづくしの彼は

日本にいた時より

少し自分を変えれるようになるかもしれないですね

 

アメ車と生活

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_3701

 

離婚問題、結婚問題、似たようなものです

男女の結合部分を調整、アドバイスする仕事をしてます

 

なんかいやらしい言い回しだが

 

いやらしいこととは

考え方の押し付け合いだ

 

うちの会社では探偵事業部の他、結婚相談事業部もやっている

 

お見合いで知り合ったプロポーズ目前か?の2人がいた

女性は

相手の男性の年収が少し少ないこと

年齢が少し高めなこと

車、それもアメ車に乗っていて経済的に負担がかかること

を気にしている

彼に貯金があるのか?堅実に生活できるのか?

不安でいっぱいなのだ

 

男性は

まぁ、女性の好きなようにしていいけど

車が好きだし、取り上げられたくない

最悪、アメ車がダメでも

将来独立も考えているから業務用のバンを買い換えたい!

それに、そんなにグチグチ言われても、急に年収も増えない、年齢も若くならない

 

ふたりで住む家を見に行った

男性は、この部屋はフローリングに換えたいなぁ

女性は、フローリングもいいけど全体的にこの家賃で生活していけるの?ちゃんと計画的に考えて欲しい!なんにも考えないから泣けてくる

 

ある時、偶然的にその女性は、相手男性の貯金額や資産を知ってしまった

不安が跳ぶくらいの貯金があった

 

その男性との結婚を彼女は決意した

 

しかし、男性はいままでの自分を認めてくれない彼女にもう魅力を感じず、恐怖すら覚えはじめていた

 

結果、男性がふった形だけど

 

基本、男と女は考え方がこうなのだ

いやらしく、自分の考え方で物事を測ると

目的までの時間と労力がかかることもよくある

 

結婚も「2人で幸せになる」が目的なら

相手を認め理解することを怠ると

男と女、それぞれのいやらしい問題がぶつかり合う

 

この仕事をやっているとよく目にします

このいやらしさを持ってる人ほど

目先の損得で計算してトラブルによく会う

 

結果、目的がなんだったのかすら見失う