Monthly Archives: 2月 2018

想像離婚

夫婦問題コンサルタントの森部です

5DEAFDC4-AA68-4B26-AD13-5D4D9BE7D2E6

 

未来の目的.目標を設定して

計画を立て実行する

結果を出す為に必要な事です

 

しかし、目的.目標がひとつに絞れないから

よく言うブレるって現象になる

その別々の目的.目標が近い関係にあると

一緒の目的.目標であると勘違いしてしまい

ブレている事に気付かず

しまいにはブレた方に固執してしまっていたりする

 

たとえば

1.勉強する事と 2.試験に受かる事

1.良い会社にする事と2.利益を出す事

1.健康な身体にする事と2.体重を落とす事

 

離婚問題でよくあるのが

1.離婚をする事と2.相手に慰謝料請求する事

1.離婚をする事と2.不貞の証拠を取る事

1.離婚をする事と2.子供が小学校へ上がる前に引っ越す事

など、当初の目的を聞くと

離婚したいんです!と答えるが

事が進んでいくにつれて

2.の目的とその目標に固執していく

 

相談者は何故か離婚できた気持ちでいる事が多い

そして2.の目的、目標を達成できない為に

もともとの1.離婚をする事が達成できない状態になろうとしているのに

本人は離婚したものと話を進めている

まさに想像だけ離婚!

 

クライアントの明るい未来を創造する事が

私たちの目的です

 

 

 

 

利益相反

夫婦問題コンサルタントの森部です

C7C18056-AA8E-4E41-AF76-21ECE8509115

 

弁護士は離婚問題で夫側の代理人となりながら

妻側の代理人になることはできない

利益相反行為になるからだ

 

探偵も妻側から夫の不貞調査を依頼され

夫に妻から依頼された事を暴露してはならない

守秘義務があるからだ

 

よく知り合った男性から

「もしうちの妻から私の調査の依頼があったら教えてくださいね!」とかなりの確率で言われるが

その男性にはかわいそうだが言う訳がない

公平に考えても、私を頼ってきたクライアントの

利益に反する行為は私自身の存在価値を否定するのと同じ行為だからだ

 

数日前、友人の女性から相談したい事がある

と電話があり、昨日、会う事になった

私に相談したいと女性から連絡がある場合、ほとんどが旦那の浮気についてだ

電話では話の内容は聞かず、昨日、マリオットホテルのラウンジで会う事にした

 

彼女の電話があった次の日

彼女の旦那から私に電話があった

「森部さん、浮気バレちゃった

うちの奥さんが森部さんに相談するって言ってたけど

どうにかお願いします!」

彼もまた私の友人なのだ

 

彼女に会ってみると

離婚の意思が強く、もう絶対離婚!に寄っている

話を聞くと、まぁ旦那が悪いわなぁ

 

でも、なんで離婚したいか?と聞くと

こんな悲しい思いするぐらいなら一緒にいたくないと言う

悔しくてムカついて悲しいと言う

そんなに思ってもらえる旦那さんは幸せだ

 

だいたいの離婚問題の相談は

互いが違う方向を向いているか

一方が別の方向を向いている

 

今回も旦那は浮気は遊びのようで

詳しくは聞いてないが深く反省しているようた

 

彼女には

浮気は絶対に許さないけど

もう一度私を惚れ直してみろと言ってみたら?

そして彼自身にとって良いペナルティを与えみたら?

 

例えば

これを機にタバコをやめてみよう

夜、0時以降は酒を飲まない

朝、5時に起きて子供とサッカーの練習をする

とか

 

家族にとっても、夫婦にとっても、そして何よりも彼自身の健康と人間的成長につながる課題を課し

それを真摯に彼が実行し続けたら

 

きっとあなたも彼をもっと大切な存在になって

もっと惚れ直すんじゃないかな?

 

彼女はちょっと考えてもいなかった提案だったらしく

少し考えていたが

 

「森部さんが言うならなんかそうなんだと思えてきた」

と、私の子供へのプレゼントをくれ

マリオットをあとにした

 

一方的に彼女の感情のまま

加害相手を攻撃して利益を得ることはできるが

それは利益も感情も一時だけのことが多い

 

相手のことを思いやり

相手の成長を自分の成長の糧として

お互いに歳を取っていけば

2人でしかできないとても有益なことができます

 

私は片方の一時的な味方ではなく

ふたりの人生での味方ですから