Monthly Archives: 9月 2018

SEXは夫婦の権利か?義務か?

夫婦問題コンサルタントの森部です

67199C51-679F-407C-AE0C-ED92031E1B84

 

私は探偵という職業上

人から相談を受けやすい

 

気さくな性格もあるのだろうが

BARで酔って意気投合した人から

次の日電話がかかってきて

私が「何しに電話かけてきた?」と聞くと

「昨日、明日電話かけてこいって言ったじゃないですか?」と応えられ

「そっか!ならまた飲みにいこう!」

と、関係が始まる事もある

 

そんな友達から

友人の奥さんが、通っている陶芸教室の先生に恋してしまい

メールで付き合っているのが判明したが

どうにか奥さんを取り戻したいので

相談に乗ってあげて欲しいと頼まれた

 

相談に来た彼は開口一番

慰謝料ってどれくらい取れるんですか?

という質問をしてきた

 

探偵として証拠や法律を絡めた対処法を彼には伝えたが

「奥さんと寄りを戻したいんじゃないの?」と

尋ねると

「はい、でももし彼女が相手の男の方に行ってしまった場合の事も考えて」

 

ほほう

じゃあ、奥さんが向こうへ行くかこっちに戻ってくるかで

接し方や愛し方を変えるって事だよね

 

彼は続けてこう言った

「夫婦仲が悪くなったのもSEXレスが原因だと思います

僕は毎日でもしたいのに嫁は断り続けて…

半ば強引にでも頼み込んで年2回あるかないかで…

こんなに我慢しているのに

これって僕の方が権利を侵されているので有利ですよね!」

と自信を持って話した

 

私は

「そうだね〜夫婦はSEXしないダメだよね!

でも、逆にあなたがやっている事はDVだよ」

 

彼はハンマーで殴られるたような顔をしていた

 

「もし、年に2回、奥さんとSEXできるチャンスがあったのなら、その2回、旅行でも一緒に行って、凄く大事に思って接してあげれたのなら

年2回が最低でも4回にはなってたんじゃないかな?」

毎晩ぐちぐちと

SEXは義務だと!旦那の権利だと!ふりかざし

相手が断ればスネて怒る

 

そういうあなたの接し方が

奥さんを他の男の所へ行かせたんじゃないかな?

 

そして今日も家に帰ったら関係を問い詰め

「あの男とどうなんだ?」と聞きたくてしょうがないどんよりオーラ満載なんじゃないのかな?

そんな男と寄り戻したい訳ないじゃん

 

彼は口に手を置き、なにか納得したような表情をした

 

まぁ、その新しい男も、多分、奥さんが既婚者だと知っているなら、今だけ大切に扱ってる可能性高いけどね

 

男ってのはそういう馬鹿で自分勝手な生き物だと思うけど

そんなのは子供のうちのわがままみたいなもので

早めに直さないと死ぬ時に誰も近くにいないよ

 

彼は

「今まで嫁が僕に伝えようとしてた言葉の意味を

少しでも分かろうとする自分に変えれる気がしました

もう修復には遅いかもしれませんが、僕は今変わる事がどっちにしてもしなければいけないと気づきました!」

と、来た時と違う表情で帰っていった

 

 

酒断ちる〜♪今は秋〜♪

夫婦関係コンサルティングの森部です

304DF679-CFAB-4E99-8C0D-DDF4CAB88DC7
どうにか子供の親権を取りたいんです!

奥さんと別居中の旦那さんから相談があった

奥さんは3ヶ月前から実家に娘と戻っているようで

現在、弁護士をはさんで離婚協議中だそうだ

 

奥さんは実家に娘を預けて

奥さんだけは他の場所で暮らしているとの噂を耳にした

 

もし、娘と一緒に暮らしていなかったり

娘をほっておいて他の男と住んでいるようなら

母親としての責任問題を問えますよね

そして息子の親権も取れれば!

と依頼者は意気込んだ!

 

 

「あれ?娘さんの親権じゃないんですか?」

私が聴き直すと

 

実は私の虐待が原因で

息子は児童相談所に入っているんですよ

 

ん?なんだこの違和感は

息子に虐待するが息子の親権は欲しい

というかどういう心理なんだろう?

 

依存とかそう言った類のものなのだろうか?

街の探偵ではわからない分野だな

 

そういえば私も

資格の勉強をしているが、試験に合格したい気持ちがあるのに

どうしてもお酒を飲んでしまう

 

試験勉強が終わった後で一杯!

寝る前に一杯!

 

外に行かずに勉強している分

家では安価でお酒が飲めるし閉店もない

ある意味家庭内とは誰にも制御されない空間なのだ

 

気付けばあと試験まで2ヶ月

思えはこの1年朝起きて勉強していたが

ほとんど二日酔いの寝不足だったような笑

最近、記憶の定着が悪くスランプになっていた

 

妻にスランプを打ち明けたところ

「だいたい受験生が酒飲むか?

妊婦や子供生まれたら女は酒飲めないの当たり前だし

それぐらいの気持ちでやらないと上手くいく訳ないだろ」

と禁酒を言い渡された

 

それに気づかされ酒を断って1週間

今まで合格点までいかなかった模擬試験が

合格ラインに到達するようになった

 

答えは簡単だアルコール入れないから

頭がスッキリ集中できるようになったからだろう

 

酒に依存するのを断ち切ればスッキリした意識を得る事ができる

子供へ虐待する依存を断ち切ることができれば

相談者もどうにかなるかもしれないが

それができないから依存なんだろう

 

結局、今までの自分の行動や考え方への執着を捨てる恐怖にとらわれているうちは

問題からも解放されない

 

私も、子供ができて考え方が変わったのだろう

自身の家庭を良くする為なら

タバコも酒も炭水化物も止めれるということだ

 

自分のパーソナルスペースに近ければ近いほど

暴飲暴食暴力暴言

規制なくやりたいようにやれる

 

しかし、そこで自分自身を律して生活していくことが

幸せな環境を作る第一歩なのだろう