Monthly Archives: 10月 2019

千客万来

夫婦問題コンサルタントの森部です

6F38EE63-7EB2-4AC0-9421-AB4C30FE3DC4

 

知り合いが子供の七五三の衣装を買うというのでついて行った

京都の呉服屋さんで作ってもらうなんて

なかなか贅沢なことだ

七五三の着物を選び帯を選んでいくうちに

母親が自分の着物も新しく買いたいと言い出した

 

おっ!もうひとりお客が増えてラッキーだね

ふと額縁を見ると「千客万来」と描いてあった

 

商売人でも人間関係でも

色々な人から好かれるのはとてもいいことだと思う

たくさんの人から好かれるにはどんな秘訣があるのだろう?

 

 

旦那さんが別居して実家へ行ってしまった

独りになりたいと出ていったが

毎日、LINEなどでコミニケーションは取っている

 

周りからのアドバイスで探偵をつけてみると

夜な夜なよく通っていたシングルマザーのキャバ嬢の家に通い同棲していたのだ

それを知った奥さんはショックと怒りがおさまらない

 

女との事を知っているとは言わないが

旦那に遠回しに当たるようになる

嘘をついていることが許せないのだ

そして自分が子育てで大変な時に旦那があしげに女の家へ通う神経が信じれない

 

探偵が充分な証拠を取ったのだが

奥さんは旦那が言う嘘と本当の行動が一緒かどうかを知りたい中毒に陥ってしまった

そしてまた嘘だと知り、旦那に遠回しに当たる

 

そのうち、旦那の携帯が変わっていること、服装が変わっていることが気になり始める

今日は本当に休みなのか?女はキャバクラ に出勤するすか?

が気になり始める

 

必要なことは、旦那や女がどうか?

ではなく、奥さんがどうしたいか?ですよ

 

相手の行動で自分の行動を決めようとするから

相手の事が気になり、翻弄され本質を見失う

 

今、いくら旦那や女の行動を知ったとしても

奥さんの未来は変わりませんよ

 

奥さんは「私は離婚したくないんです」と言う

 

ですが旦那さんが戻りたくないのに

離婚したくないだけではどちらも幸せにならない

 

ならばどうすれば旦那さんがこちらに気持ちがもどるようになるのか?

奥さんからみた価値や常識を旦那さんにぶつけるのではなく

 

今の状況を普段の奥さんならついついこう対応しちゃう

うちの嫁

やっぱりいつもの行動パターンね

絶対そういう反応するよね

 

そこを相手が想像する行動より

一枚上手で相手の喜ぶような行動をとれる人間になることが

その人の付加価値になり、魅力になる

 

それには相手が何をしているか?

より、自分をどう磨いて一枚上の人間になるか?

が大事な事なんです

 

そうなれば、奥さんは旦那さんに依存しなくても

色々なレベルの高い人が奥さんの周りにやってきます

そうなれば旦那さんと離婚することも離婚しないこともそれほど問題ではなくなります

 

旦那さんの行動や女がどうなのか?も気にならなくなります

目の前の気になる問題ばかり見ていると

どんどん本質がずれていく

そしてその小さな目の前の問題はいつまでたってま解決しなくなる

まだ若い奥さんだったのであまり理解できずにいたようでした

 

商売もそうだろうだいたい想像つく味やサービスでは千客万来などない

お客が想像する以上の満足を得られる店やサービスだから

いつまでも受けたくなる

 

ところで、着物を買おうとしていた母親も

ようやく帯を選ぶところまできていた

 

色々と迷った挙句

なんとか着物に合う帯を選んだのだが

 

やっぱりどうしてもさっきオススメされた

1番高い帯とてもが気になるとなり

 

高い帯ならこの娘が成人になっても使えるだろうし

この帯にしようかと思うんだけど

どう思う?

 

その帯を買えばよいと思いますが

今度は帯に合う着物を選びなおさないといけないし

そもそも娘の帯もまだ決まってませんよ

 

本質を見失うと、目の前の問題すら解決できなくなる

 

 

 

嘘からでたまこと

夫婦問題コンサルタントの森部です

0791C7D3-7AF0-4D38-B6EA-B9EC3A329EA1

 

知人がコストコで買った商品が不良品だったので交換に行きたいので一緒について来てと言った

本当に壊れていたようで、それなら行こうかとなった時

ちょっと相談があるんだけど

この置物もコストコで買ったんだけど

娘が落としてちょっと部品が取れちゃたんだよね

でも娘は猫が落としたって嘘ついてんだよ

本当は自分が落としたくせに!

 

でさぁ

これも壊れてたって交換してもらおうか?

どう思う?

 

僕なら絶対にそんなことやらないよ

良心として答えたつもりだったが

こんなことで嘘をついてどんな得があるのか 笑

と心でつぶやいた

 

知人はじゃあ接着剤でくっつけて直しておいてお願いね!

と置物を置いてコストコへ向かった

結局、僕が直すハメになった

 

この知人は

きっと嘘をつくのがヘタクソなんだろう

同時に購入した2つの商品が壊れていたなんて

そうそうある事ではない

その完璧だと思ってついた嘘は

他人には滑稽な感じくらい分かってしまう

ある意味正直で子供っぽいのかもしれない

 

恋愛や夫婦間、家族間でも嘘はつきものだ

自分の思っていることを変換もせず正直に伝えると

人間関係は信頼どころが壊れる

 

夫:いつも大変だね!僕が洗い物やるよ

(ただ単に手伝ってるのを褒めて欲しい)

妻:ありがとう!あなたって本当素敵な旦那さま!

(洗い物もツメが甘いんだよ、しっかりやらないなら最初からやんなつうの)

 

夫:ゴミ出しは僕がやるよ!どこにゴミある

(なんか昨日から機嫌悪そうなので何かしないと!)

妻:ありがとう!そこにプラゴミ出しといたから収集所までお願いね!

(なにが「どこにゴミある?」だよ、ゴミ出しってのは分別するところからゴミ出しなんだよ、持ってくくらい子供でもできるわ!ボケ!)

 

思っている通りに伝えたら

夫婦破綻は時間の問題だ

しかし、そうやって相手の気持ちを汲み取りながら

自分の思いに少しだけ嘘を加えて発信していくと

しだいに関係性が良好になり

本当にそう思うことがお互いにとって良いことだと感じて素直に伝えるようになる

 

その嘘のヘタな知人の親子は

コストコから自宅へ帰ってきてから大げんかとなった

娘がその知人の母親に生意気な口を聞いたからだ

母親は怒り娘に怒鳴ったので

娘はびびって泣いてしまった

 

泣いている娘に僕が耳元で

「お母さん、さっきは生意気なこといってごめんなさい」って、素直に謝って

「いつも私の為に美味しいご飯を作ってくれてありがとう」

って、言ったら、お母さんは機嫌が良くなるよ

と伝えると

 

泣いていた娘は横目で僕を見て

ニヤっと笑い

母親の方へ走って行った

 

数分後、仲良く笑い合う親子の声が聞こえた

娘の方が一枚嘘が上手でしたね 笑