Monthly Archives: 11月 2019

怒りをプラスにする方法

夫婦問題コンサルタントの森部です

5648F817-E31C-49BC-AF68-71EFE05BD712

一家の男3人組は早々に外へと脱出した

長男は幼稚園、次男は託児所、私は仕事へ

 

先週、次男が熱性痙攣で救急車で運ばれた

長男は救急車に大興奮だったらしく

「たいせい、きゅうきゅうしゃのってったよ

ウーピーポーピーポー」

と会う人に自慢している笑

 

そして、長男、次男2人が下痢症状になる

そのまま北海道旅行に行き奥さんと私も

体調不良の一家全滅となった

 

旅行から帰宅するが家族の体調不良は続く

コンビニで私は朝ごはんを買ってきて

咳き込む奥さんが子供2人にパンをあげる

 

私はゴミの日なので掃除をしながら

ゴミ捨ての準備をしていた

あー寒気がするなー

 

すると奥さんは

パンを何本も袋から出している次男を見て

その苛立ちを私にぶつけてきた

「なんで何本もパンを持たせるの?」

 

えー、いやいや私は掃除してたし!

次男、あなた隣に座ってるじゃん涙

 

人間は不条理な状況に陥った時のストレスで

ノルアドレナリンというものが分泌される

このノルアドレナリンは

怒りや闘争心を引き出させるホルモンだ

 

その為、夫婦の一方が不条理な事を言ったりすると

片方のノルアドレナリンが出て

なんだとこのヤロー、お前こそ⚪︎×△ぞー!

と喧嘩になったり、怒りが蓄積して恨みになったりする

 

些細な発言から長年の夫婦問題を引き起こすのも

このノルアドレナリンのせいもあるだろう

 

しかし、そのような不条理の状況を押し付けてくる相手にはどのように対応すれば良いか?

それは、メタ認知すると良い

「メタ認知」とは、自分が認知していることを客観的に把握し、制御すること、つまり「認知していることを認知する」こと

もう1人の自分が今の状況を客観的に認知するのだ

相手が何故不条理な言葉をぶつけてきて、自分がストレスを受けているのかを客観的に見る

すると、奥さんは体調悪いのもあり、子供の食事に苛立ち、私に当たっている

ここで私がキレ返して誰か得するのか?

と客観的に自己を見つめる

 

すると、答えがでるのだ

早くこの子供達を外に連れ出そう

 

またもう一つの対応方法もある

不条理な状態や言葉をぶつけている人が

罪悪感が出るくらいサウンドバッグのように殴られる

そして言う事を聞いてあげるのだ

この場合、その言う事を後から実行するかしないかはどってでもいい

 

はい、わかりました!とやったふりとかしておけばいい

その表面上の行動に相手の苛立ちは消えるのだ

 

不条理をぶつけてくる相手に対して

怒り返したり、間違いを正そうと説得したりしようとするの人は

逆にビジネススキルやコミニケーション能力が低い人がすることだと

思えばいいんです

 

 

 

 

波長が合うふたり

夫婦問題コンサルタントの森部です

6DCCA478-72EE-40E1-8647-13312637C706

 

先週、知り合いの弁護士の結婚式の二次会に参加した

二次会の中で、新郎と新婦が参加者へ

新婦の癒し系さをアピールする為にビューネ君のCMをパロった

新郎と新婦が出演する動画を流し笑いを誘った

 

新郎新婦ともノリが一緒だったりすると

こう言った余興の席でも一体感が出ていいのだが

どちらかのノリが圧倒的にハイテンションだったりすると

反対側の関係者一同がドン引きしてしまうこともある

 

夫婦や仲間になるにはある程度気が合ったり

波長が合ったりした方が良いのだろう

 

趣味やファッションのセンスが合っていたり

会話が弾んだり会話がなくても気にならない相手とは仲良くなりやすい

 

この二次会の中にも波長があう独身同士がいるかもしれないと

同じ円卓の男女を誘いBARへと移動した

 

私はここ2日ほど体調が悪く

クシャミ鼻水が止まらない

そんな状態でアルコールを摂取したので

BARで寝落ちしてしまったのだ

 

だが私は帰巣本能があるのか記憶が飛んでも家には帰ってくる

そしてポケットに入っているBARで支払ったカードの領収書を見て

また調子に乗っていた事を知る

 

朝起きてキッチンへ行くと

奥さんと息子2名が公文をやっていた

体調の悪い中、言うことを聞かない息子をなだめながら公文を教え

朝ごはんを作る奥さんをボーッと眺めながら

 

むちゃ体調悪いから今日は家で休養していたいなぁ

今日奥さんの友達の実家のBBQに一緒に行くっていっちゃったけど、ひとり家で留守番したいなぁ

と、椅子に座りながら目をつむっていた

 

そして目を開け、奥さんの方を見ると

明らかに機嫌が悪くなっている

 

私自身、地雷をたくさん持っているので

どの地雷を踏んだのか特定できない

 

留守番したいとも言えず

機嫌の悪い奥さんと子供を乗せ

奥さんの友達の実家へ向かう

ちなみに私はその実家の方達とは面識はない

 

友達の実家に到着すると

奥さんの友達が気を使って色々と世話してくれ

また親戚の方や近所の方が集まりBBQが始まる

 

実家のお父さんがフレンドリーに声をかけてくれる

「自分の家だと思って遠慮せんでいいよ!」

「酒もどんどん飲んでくれ」

と言われたが、運転手なのでアルコールも飲めず

体調不良もありテンションも上がらない

 

スキをみて車で寝るのだが

あまりいないのもいけないので

再びBBQの場所へ戻ると

 

奥さんが

「みんなが旦那さん馴染めてないね!って心配してたよ」と耳打ちする

 

心配かけてもいけないので

その場にいるのだか、寒くなり身体が震え始める

こういうテンションの人間がいると

場の雰囲気が下がってしまう!

 

どうにか挽回しなければと

近くの椅子にかかっていたウィンドブレーカーを勝手に着ることにした

 

ウィンドブレーカーを着ると

少し体調も良くなり気持ちも落ち着いてきた

口数も増えてきて会話をしていると

 

ずっと僕に気を使って気にしていたお父さんが

すこし目を見開いて近づいてきた

 

お父さんは私を指差し

「それニューバランスだろ?ニューバランス!」

何を言っているのだろう?

「わしも同じ服持っとるわ!君と気が合うなあ!」

と楽しそうに話しかけてきた

 

周囲はそんなお父さんを見て

なんで自分のウィンドブレーカーを私が着ているのを気づかないのか?と笑っていたが

 

相手との共通点を見つけることが得意だったり

共感や承認ができる人は

多くの人から愛されるのだろう

 

あなたの気が合う人は

もしかしたらあなたを思いやって

気を合わせてくれるところから始まっているのかもしれませんね