弁護士離婚事例集「離婚に伴う金銭給付と税金」

1.離婚給付が金銭によって行われるときは、財産分与も慰謝料も原則として課税されません。

 

ですが、分与の財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額より過当であると認められると

その過当部分は、贈与となるそうです。

ですが、財産分与が離婚判決に附帯して行われた場合や調停・審判によって行われた場合は非課税になります。

 

2 養育費も、子の生活費又は教育費に必要なものであれば贈与税は課せられません。

しかし、将来の養育費まで一括して支払いを受けると、贈与税の課税対象になります。

 

参考:「旭合同法律事務所ホームページ離婚の相談窓口」-離婚に伴う金銭給付と税金