執着心

離婚コンサルタントの森部です

048

 

離婚コンサルタントであり、探偵の私は

よくよく弁護士と一緒に離婚案件の解決をする

 

共存共栄・相利共生ってやつです

どちらも専門分野を侵食せずに

共通の目的を達成できる

 

先日、女性弁護士と会食をしていると

今、一緒に取り組んでいる案件の話が出てきた

 

旦那が家に帰ってこず

どこにいるのか分からない

連絡はくるが「離婚して欲しい」とメッセージがくる……

 

初め、その話を聞くだけで

旦那の今の生活光景が浮かんできた

別の生活母体が出来たんだろう

 

離婚コンサルタントとしてプロファイリングすると

1.その旦那さんは女と住んでいる

2.その女は離婚経験がある

3.その女は子供がいる

 

独身でひとり暮らしの女性と

妻子持ちの男性がいきなり一緒に住みはじめる

ことはあまりない

 

自分の奥さんから相手をされなくなり

家族から興味を持たれなくなった時にす

子供と二人暮らしの女性と知り合い

なし崩しに生活してしまう

 

そちらの家庭に求められているから

自身も愛に飢えているから

愛情がそっちに行ってしまう

相互依存ってやつです

 

さっそく調査をしてみると

案の定、幸せそうに3人で暮らしてました

 

ベランダで洗濯物を干す

女をビデオで撮影していると

 

女は首だけベランダの柵から出し

こっちを見て

「これはわたしのものよ!」

って顔で睨んできた

 

凄い形相だったなぁ

怖くて立ち去っちゃったよ

って、女性弁護士に話をした

 

 

「そのクライアントが占い師に見てもらったら

相手の女は凄い執着心があって

旦那を絶対に離さないって言われたって」

弁護士が驚いた様子で切り返してきた

 

……おそるべし占い師!

 

共存共栄、相利共生、相互依存、共依存
色々な人間関係があるが

誰かの不幸で成り立つ関係はいかんよね