アメ車と生活

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_3701

 

離婚問題、結婚問題、似たようなものです

男女の結合部分を調整、アドバイスする仕事をしてます

 

なんかいやらしい言い回しだが

 

いやらしいこととは

考え方の押し付け合いだ

 

うちの会社では探偵事業部の他、結婚相談事業部もやっている

 

お見合いで知り合ったプロポーズ目前か?の2人がいた

女性は

相手の男性の年収が少し少ないこと

年齢が少し高めなこと

車、それもアメ車に乗っていて経済的に負担がかかること

を気にしている

彼に貯金があるのか?堅実に生活できるのか?

不安でいっぱいなのだ

 

男性は

まぁ、女性の好きなようにしていいけど

車が好きだし、取り上げられたくない

最悪、アメ車がダメでも

将来独立も考えているから業務用のバンを買い換えたい!

それに、そんなにグチグチ言われても、急に年収も増えない、年齢も若くならない

 

ふたりで住む家を見に行った

男性は、この部屋はフローリングに換えたいなぁ

女性は、フローリングもいいけど全体的にこの家賃で生活していけるの?ちゃんと計画的に考えて欲しい!なんにも考えないから泣けてくる

 

ある時、偶然的にその女性は、相手男性の貯金額や資産を知ってしまった

不安が跳ぶくらいの貯金があった

 

その男性との結婚を彼女は決意した

 

しかし、男性はいままでの自分を認めてくれない彼女にもう魅力を感じず、恐怖すら覚えはじめていた

 

結果、男性がふった形だけど

 

基本、男と女は考え方がこうなのだ

いやらしく、自分の考え方で物事を測ると

目的までの時間と労力がかかることもよくある

 

結婚も「2人で幸せになる」が目的なら

相手を認め理解することを怠ると

男と女、それぞれのいやらしい問題がぶつかり合う

 

この仕事をやっているとよく目にします

このいやらしさを持ってる人ほど

目先の損得で計算してトラブルによく会う

 

結果、目的がなんだったのかすら見失う