出来損ないの男たち

夫婦問題コンサルタントの森部です

IMG_3701

「男は女の出来損ない」

生物学的、人類学的な話で聞いたことがあるが

探偵学的にもそう思える事がよくある

 

男は依頼の内容が計算的、計画的でないことがある

逆に女の依頼者は計算的すぎて皮算用になっていたりもするが

気持ちも男の方が弱く、静かに感情的に動いてしまう

女性のキーッとなる感情的とは違う

なんかムッツリと感情的に動いてしまうのだ

 

 

自分が結婚しているのを内緒にして

付き合ってた女にお金を貸し

連絡が取れなくなったから探し出したい

くやしい気持ちはよく分かるが

その女が本当の事を知って、逆に家庭や会社に

「独身だと騙された!」と彼の周囲に現れたらどうするつもりなんだろう?

運良く自分の前から居なくなった事を

ラッキーだと思たほうがいいと助言した

 

また

「今、離婚話でもめていまして、昨日、嫁が中古の軽車両が欲しい!と言ってきまして、きっと浮気している男を自由に会うつもりなんだ!」

と浮気の調査を頼む男性依頼者

しかし、まだ浮気はしていなかった

離婚の原因は嫁の浮気ではなく

あなたと嫁の関係性ではないだろうか?

ならば調査を継続するのはやめて、そのお金で車を買ってあげた方がいいと提案した

 

 

結局、男は何故生物として生まれたのか?

それは女に喜んでもらえる事をする為に

女の為に生まれたのだ!と観念すれば

 

 

男は出来損ないだからしょうがないかぁ〜

出来損ないの男同士飲みに行くぞ〜!

となれば、人生も恋愛も仕事も楽になるかもしれませねぇ

 

最近は出来損ない依頼者とよく飲む事が多い…